ミネルヴォアの程近く、まさに秘境と言うべき山の麓に醸造所を構え、自ら開墾した畑は険しい山中にあるというポール ルイ ウジェンヌは、現当主ポール デュランとその父、祖父の名前を連ねてドメーヌ名としています。

1990年代中頃にはフランスでも日本でも一世を風靡した話題の生産者でしたが、醸造・熟成していたワインが何かしらのバクテリアに汚染されるという不幸に見舞われ、当時造っていたワインをはじめとして使用していた樽などを全量廃棄せざるをえない事態となりました。通常であれば廃業してしまうほどの危機ですが、「素晴らしいワインを生み出すには貧乏に耐えること」という哲学を持ちワイン造りに没頭していたデュラン氏は、2004年に奇跡的に再生を遂げます。とはいえ、相変わらず経営は厳しいまま、近年は心臓を病んで手術するなど苦しい日々は続きます。それでもなお、誰も踏み入れないような山の中を自力で開墾し新しいブドウを植樹していきます。命を燃やしながら真剣にワイン造りに向き合うその姿は、まさに仙人。常識という言葉からはほど遠い唯一無二の生産者です。

デュラン氏は、自宅と畑と醸造所を行き来するのみでまったく人に会うこともないといいます。ある時、約束の時間に醸造所を訪れた時のこと、どの建物が醸造所なのかわからず右往左往してしまい、近所にいた女性に所在を尋ねたことがありました。すると、「もうここにはそんな人はいない。」と言われてしまいます。さらに尋ねると、「彼は山のほうへ行ってしまってもうここにはいないんだ。」と。そこから山道を登ってはそれらしい家を探すなどあらゆる手を尽くして何とか訪問することができたのですが、当初探していた醸造所はというと、なんと道を尋ねた女性の目の前の建物!隣人にも姿を見せないとはまさに隠遁生活。醸造所に看板を出す事もなく、人生の時間全てを畑仕事とワイン造りに費やしています。

このあまりにも効率的とはいえない生き方も全ては畑とワインのため。いくら時間があってもやらねばならない事は尽きないと言います。その圧倒的なまでの仕事ぶりは、彼の畑に立った瞬間に目の当たりします。険しい山のそのまた山中に突如表れる整然と管理されたブドウ畑、おそらく誰もこの場所に畑があることを知らないのではとすら思えるほどの秘境です。四駆の車で向かうことも困難なこの場所にトラクタを入れ、几帳面とも言えるほど細部にわたるまで仕事を尽くしています。


  • [ 商品コード ] 1926
  • ポール・ルイ・ウジェンヌ
  • 【2005】 VdT カッサニョール・ブラン
およそ8年ぶりの再入荷です(笑
輸入元の在庫リストより発見してしまい,最終在庫分全ていただきました.

  • [ 商品コード ] 1926
  • 価格3,600円(税込)
  • 在庫切れ

  • この商品について問い合わせる
  • 返品の条件につきまして
贈答品でご利用できます
一回のご注文で商品ごとに配送先を選べます

贈答品でご利用できます 化粧箱をご利用の際は左メニューの最上部にある贈答用箱からそれぞれお選び下さい
商品ごとに配送先を選ぶこともできます

※送料無料は配送先ごとの合計金額が30,000円以上からとなります。
本数または内容によっては複数個口で発送になります。
その場合、送料は、1個はこちらで負担させていただきますが、2個目以上はお客様でご負担になる場合がございます。
※もちろんご負担のないよう、梱包の努力致します。

中戸屋@中村のブログ「でれすけmario」
戻る
お休みの日
2月の営業日
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
3月の営業日
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
水曜定休日です
営業時間9:00-20:00