伝統的なバローロの造り手と言えば必ず名前の挙がる造り手、ジュゼッペ・マスカレッロ。彼等のワインは他のどの造り手のワインとも違う。ジュゼッペ・マスカレッロ独自の味わいが確実に存在する。バルトロ・マスカレッロともジャコモ・コンテルノとも全く違う世界を経験できる。大袈裟ではなくバローロの1つの完成品、1つの芸術品とも言えるのではないだろうか。

1881年、ジュゼッペ・マスカレッロ(1世)がモンフォルテ・ダルバに葡萄畑を購入したことがこのカンティーナの始まり。1904年には、現在でも単独所有を続けているフラッグシップ“モンプリヴァート”を購入した。現在ではバローロとモンフォルテ・ダルバの中間に位置するモンキエロの氷貯蔵庫をワインセラーに改築しカンティーナとしてカスティリオーネ・ファレットとモンフォルテ・ダルバにまたがって優良畑を所有している。

現在の当主は3代目、マウロ・マスカレッロ。農民としての経験則に基づいた細かい仕事には定評があり、伝統的ジュゼッペ・マスカレッロの栽培、醸造においても次々に改革していったことでも有名。
1970年からは地域性・テロワールを更に重視して畑ごとの醸造に踏み切る。これはジュゼッペ・マスカレッロの大きな変革の1つであった。彼が最重要視するのは“果実”。完熟した果実を最適の状態で収獲することが重要。薬品の排除と健康的な土壌によって葡萄が活き活きとしていることは勿論だ。そして、酸、糖分、更にはアントシアニンなどの各要素が凝縮して存在することもジュゼッペ・マスカレッロのワインにとって不可欠。『ジュゼッペ・マスカレッロのワインは歴史と経験によって成り立っている。歴史と経験だけが革新を可能にする。栽培もマセレーション、瓶詰めまでもが経験しなければ解らないことばかりだ』(マウロ)
妻のマリア・テレザが経理他を担当し、現在では1994年にアルバ醸造学校を卒業した息子ジュゼッペ(3世)も栽培・醸造に参加している。実はDOCG法ではモンキエロで醸したワインはバローロと呼ぶことができなくなっている。しかし、伝統的造り手であるジュゼッペ・マスカレッロのみ例外としてモンキエロでの醸造を認めている。それほどまでにバローロにとって重要な造り手だと言う事なのだ。
  • [ 商品コード ] 216
  • ジュゼッペ・マスカレッロ
  • 【2009】 ドルチェット・ダルバ 
  • [ 商品コード ] 216
  • 価格2,360円(税込)
  • 在庫切れ

  • この商品について問い合わせる
  • 返品の条件につきまして
贈答品でご利用できます
一回のご注文で商品ごとに配送先を選べます

贈答品でご利用できます 化粧箱をご利用の際は左メニューの最上部にある贈答用箱からそれぞれお選び下さい
商品ごとに配送先を選ぶこともできます

※送料無料は配送先ごとの合計金額が30,000円以上からとなります。
本数または内容によっては複数個口で発送になります。
その場合、送料は、1個はこちらで負担させていただきますが、2個目以上はお客様でご負担になる場合がございます。
※もちろんご負担のないよう、梱包の努力致します。

中戸屋@中村のブログ「でれすけmario」
戻る
お休みの日
1月の営業日
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
2月の営業日
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
水曜定休日です
営業時間9:00-20:00