『のめり込んだのは、あり得ない急斜面! 命がけのワイン造り』


~スペイン・カンガスの地に出会うまで~
ニコラス・マルコス氏はトロ出身。家族・親戚は代々トロやルエダ、リベラ・デル・ドゥエロでワイナリーを経営、ニコラスも1995年まで携わり研鑽を積む。しかし次第に、自分の目指すワインがそこではできないという想いが強くなる。

ボルドーのリュルトン家や、カリフォルニアでグラン・クリュ系の栽培、醸造責任者を経験。真逆に、自然派の極みの造り手まで、もの凄く広いワールドで「今の先端ワイン」を造り、体験してきた。

様々なクオリティーワイン、自然派などの試みをしても納得がいかないニコラス氏。
そんな中、カンガスの地を発掘!あっという間に魅了され、全てを捨て、ここでワイン造りをすることを決断。


【カンガスの地にのめり込んだ理由は!?】
1)土着品種は、世界中どこにもない味を出せる!
2)修道院がブドウを造っていた地は、必ずエネルギースポット!
3)他にない超絶な複雑土壌!
4)奇跡的に見事に育っていた樹齢100年超があった!
5)スペインではありえない冷涼な地は、ミクロの熟度をもたらす!

ニコラス氏にとって数を造ることは重要ではない。


「本当に良いワインを造るためなら急斜面の畑が多い、手作業にしか頼れない環境もなんのそのだ。」と、急斜面過ぎて作業中に崖から落ち、鼻の骨を折ってしまったことも。まさに命がけのワイン造り!

カンガスの山奥に生息するというライチョウ(Urogallo)から名前を取り、ドミニオ・デル・ウロガリョと命名した。
2009年に移り住み、2010年を初ヴィンテージにワインを造りはじめる。


  • [ 商品コード ] 2721
  • ドミニオ・デル・ウロガリョ
  • 【2014】 ラ・ファンファリア ティント
スペイン北部,海に面したアストゥリアス州はカンガスというちょいとマイナーな産地のワイン.

果実味満載,濃いけれど重くない…
濃度の中に感じる骨格と中盤以降の「抜け」の好さはおそらく少量ブレンドされているメンシアの所為かもしれません.
アルコール度数も12.5%.初めこそガツンときますが,2杯目以降が思いの外スルスルと.
  • [ 商品コード ] 2721
  • 価格2,500円(税込)
  • 在庫切れ

  • この商品について問い合わせる
  • 返品の条件につきまして
贈答品でご利用できます
一回のご注文で商品ごとに配送先を選べます

贈答品でご利用できます 化粧箱をご利用の際は左メニューの最上部にある贈答用箱からそれぞれお選び下さい
商品ごとに配送先を選ぶこともできます

※送料無料は配送先ごとの合計金額が30,000円以上からとなります。
本数または内容によっては複数個口で発送になります。
その場合、送料は、1個はこちらで負担させていただきますが、2個目以上はお客様でご負担になる場合がございます。
※もちろんご負担のないよう、梱包の努力致します。

中戸屋@中村のブログ「でれすけmario」
戻る
お休みの日
11月の営業日
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
12月の営業日
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
水曜定休日です
営業時間9:00-20:00