メゾン・フランソワ・ド・ニコライは、シャンパーニュ・モエ・エ・シャンドン社の親戚にあたる、ドメーヌ・シャンドン・ド・ブリアイユの長男、フランソワ・ド・ニコライ氏(1970年生)が、2000年初頭に設立した彼の「ワイン造りに対して最大限考えられる、最も理想的なワイン造りを行う極小規模ネゴシアン」です。

フランソワ氏は幼少期をブルゴーニュのサヴィニー・レ・ボーヌで過ごし、収穫を手伝うなど小さい頃からぶどうとワイン囲まれて生活をしていたので、ごく自然な流れでワイン業界に入る事となりました。
学校を卒業し1993年には、パリの小さなワインショップでキャビストとして働き始めます。多くのお客様にワインをすすめ、またパリ市内のレストラン、ホテル、ビストロなどにもワインを紹介し販売する日々を過ごしていました。

1996年には自らが独立してパリにワインショップを立ち上げ、平行して実家のドメーヌを手伝い始めます。さらに丁度その頃に、知り合いのぶどう農家から、「サヴィニ・レ・ボーヌ・プルミエ・クリュ・レ・ヴェルジュレス(Savigny les Beaune 1er cru Les Vergelesses)」 の60aresの小さな区画を借りてくれないかと持ちかけられ、この機会をドメーヌとは別に自分の理想のワインを追求する良い機会と捉え、5樽程の小さなネゴシアンを立ち上げました。これが“メゾン・フランソワ・ド・ニコライ”の始まりです。
その後、除々にアペラシオンを広げていき現在は6アペラシオンを生産しています。

①100%ぶどう、またはワイン(アルコール発酵後)の状態で買い付け ②ビオロジー、またはビオディナミのぶどうのみを買い付け ③瓶詰め時に極少量のSO2を添加する以外、SO2不使用(sans soufre)である事 ④フィルターを使用せず、清澄を一切行わない、最も自然なワイン造りをコンセプトとしていて、ワイン造りにおける最も理想的な方法をここで実践し探求するための、いわば「実験的な」メゾンです。ここでの技術や経験は、現在エコセールの認証を受けている自身のドメーヌ「シャンドン・ド・ブリアイユ」にも活かされています。

すべてが手作業で、ポンプを使ってワインを移動させる事もありません。ビン詰めに至っては、昔ながらの方法で樽から手作業で直詰めをしています。そのために生産量は限られ、多くても1アペラシオン辺り4樽(912ℓ)までとしています。これは1日でできる手作業による瓶詰めの限界の量です。まさしく「オート・クチュール・ネゴシアン(Haute Couture Negociant)」なのです。


  • [ 商品コード ] 2887
  • メゾン・フランソワ・ド・ニコライ
  • 【2016】ボジョレー キュヴェ・デ・ボー・ジュール <1000ml>
時流に乗ることなく,また世評やそれを下す評論大家の嗜好に媚びることなく,昔から(熟成する)薄旨なワインを造り続けてきた(尤も,そこには御曹司ならではの余裕も窺える訳ですがw)シャンドン・ド・ブリアイユが最近始めたネゴシアン部門のワイン.SO2も限りなく最小レベルでの使用と思われますが,件のドメーヌのワイン同様,とても清潔.何よりイチゴの香り満載の「正しい」ボジョレー産ガメイのワインの香味.
  • [ 商品コード ] 2887
  • 価格2,470円(税込)
  • 在庫あり(在庫数 6)
  • この商品について問い合わせる
  • 返品の条件につきまして
贈答品でご利用できます
一回のご注文で商品ごとに配送先を選べます

贈答品でご利用できます 化粧箱をご利用の際は左メニューの最上部にある贈答用箱からそれぞれお選び下さい
商品ごとに配送先を選ぶこともできます

※送料無料は配送先ごとの合計金額が30,000円以上からとなります。
本数または内容によっては複数個口で発送になります。
その場合、送料は、1個はこちらで負担させていただきますが、2個目以上はお客様でご負担になる場合がございます。
※もちろんご負担のないよう、梱包の努力致します。

中戸屋@中村のブログ「でれすけmario」
戻る
お休みの日
12月の営業日
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
1月の営業日
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
水曜定休日です
営業時間9:00-20:00