マコンからリヨンへ南下する途中、右手に一面に広がる大小起伏のある山々の連なる光景を抜け、ボジョレーの街ベルヴィルから西へ6kmほど緩やかに登りきったところに、クリュ・ボジョレーのひとつであるモルゴンの産地ヴィリエ・モルゴン村があります。その村の中心地から少し外れたところにジャン・フォイヤールのドメーヌはあります。

 畑の総面積は11ha。そのうちの6haはモルゴンの中でも評価の高い区画の「コート・ド・ピュィ」とその近辺に所有。その他の畑もモルゴンとボジョレー・ヴィラージュを挟む境界付近に点在し、テロワール的には非常に恵まれた環境でブドウを栽培しています。

 現オーナーであるジャン・フォワイヤールは、以前はワインの瓶詰め会社で働いていましたが、当時、瓶詰め設備の無い小さなワイナリーを回る機会の多かった彼は、マルセル・ラピエール、ギィ・ブルトン、イヴォン・メトラ等、現在活躍する生産者と深く知り合い、次第に彼らのワイン造りに興味を抱くようになります。特にマルセル・ラピエールに影響を受けたという彼は、ジュール・ショヴェの本を片手に、マルセルのカーヴに足繁く通いながら独学でワイン醸造を勉強。1981年、彼の義父が老年により辞めたのをきっかけに、畑を譲り受け本格的にワイン造りのスタートをきりました。

 現在、ジャン・フォワイヤールは4人で11haの畑を100%ビオロジックで管理しています。樹齢は27〜70年。とにかくブドウの質にこだわる彼等で、収穫時の選果においては粒レベルで選果するほど。タンクにブドウを入れる前に、タンク内に「ピエ・ド・キュヴェ」と呼ばれる、先に熟したブドウを敷いて発酵を促す方法を採用。キュヴェの温度を14℃まで下げて、低温で発酵させます。ルモンタージュ、ピジャージュは一切行わず、垂直プレス機で時間をかけてプレスをした後、フリーランとプレスをアッサンブラージュし、再びセメントタンクに戻し低温状態のまま出荷ぎりぎりまでワインの清澄を待ちます(清澄の具合によってはフィルターをかける場合もあります)。
  • [ 商品コード ] 465
  • ボジョレー・ヴィラージュ・プリムール
  • 【2013】ジャン・フォワイヤール
解禁日は11月21日

解禁日は解禁と同時に呑めるよう11月20日(水曜日)のお届けを目指します。
それ以前のお届け及び引渡しは出来ませんのでご了承願います。
九州や北海道への配送は中1日掛かりますのでご希望に副えない場合がございます。また、それ以外の地域であっても、交通状況により入荷日及び到着に遅延が発生する場合があることをご了承ください。
  • [ 商品コード ] 465
  • 価格2,900円(税込)
  • 在庫切れ

  • この商品について問い合わせる
  • 返品の条件につきまして
贈答品でご利用できます
一回のご注文で商品ごとに配送先を選べます

贈答品でご利用できます 化粧箱をご利用の際は左メニューの最上部にある贈答用箱からそれぞれお選び下さい
商品ごとに配送先を選ぶこともできます

※送料無料は配送先ごとの合計金額が30,000円以上からとなります。
本数または内容によっては複数個口で発送になります。
その場合、送料は、1個はこちらで負担させていただきますが、2個目以上はお客様でご負担になる場合がございます。
※もちろんご負担のないよう、梱包の努力致します。

中戸屋@中村のブログ「でれすけmario」
戻る
お休みの日
12月の営業日
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
1月の営業日
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
水曜定休日です
営業時間9:00-20:00