ディジョンから南東80キロ、ジュラ地方北部Liesle(リエル)にドメーヌを構えるエティエンヌ・ティボーは若きヴィニュロン。「ワイン造りは自分の最も自然な姿」と話す彼は、ロングのドレッドヘアーがチャームポイントで、大好きなレゲエの影響で仲間とバンドを組みドラムを担当するほどの音楽好きでもあります。

アルヴォワから北東に50キロのブザンソンで生まれたエティエンヌは、ワイン好きが高じてワイン道に入門。ヴィニュロン家系でなかったため自分一人でスタートを切り、アルヴォワのドメーヌで働いたあと、ボーヌで醸造学を学び、シャンボル・ミュジニーのロブロ・マルシャンで経験を積みました。

その後自然派生産者との交流を重ね、2007年に自らのドメーヌを立ち上げました。現在、所有畑1haと借り畑4haの合計5haでビオロジック農法を行い、ハーブを煎じたものを畑に散布、カーヴ内での作業はムーンカレンダーに従って行うなどビオディナミの要素も取り入れています。

この地方には「ferme (農場)」が多く点在し、「熟成」文化が根付くこの土地では穀物畑やブドウ畑の他、牛を飼いならし名物チーズ「コンテ」作りを行うfermeも少なくありません。彼はその一画を借りてブドウ造りを行ない、5年後には8割を所有畑にしたいと意欲を見せます。ドメーヌ名「キャヴァロド」は、彼が所有するコート・ド・ジュラ、ムシャールのリューデイ名から名付けたもの。

アペラシオンはアルヴォワとコート・ド・ジュラの2つ、そのほかヴァンドペイ・フランシュコンテのワインも造っています。アルヴォワは鉱物成分が豊富で充分な保水能力があり、キンメリジャンの石灰質のミネラルが強く表現されるのが特徴。

樹齢は15〜115年で、古樹が植わる畑では多品種の混植も見られ、畑にはミツバチやてんとう虫が元気に成育しています。「ワインは食べ物だから、消化の良いものでなければいけない」というエティエンヌは、「出来ることならSO2無添加で醸造したい。そしてその為には自分の技術を更に磨いて行かなければならない」と正直に話し、小さいドメーヌだからこそ出来る、自然に習ったテロワールを生かすワイン造りの今後に期待が膨らみます。
  • [ 商品コード ] 722
  • ドメーヌ・デ・キャヴァロド
  • 【2012】 コート・デュ・ジュラ トゥルソー レ・ルマシュル
日本への入荷は僅か60本の稀少キュヴェ。
  • [ 商品コード ] 722
  • 価格2,960円(税込)
  • 在庫切れ

  • この商品について問い合わせる
  • 返品の条件につきまして
贈答品でご利用できます
一回のご注文で商品ごとに配送先を選べます

贈答品でご利用できます 化粧箱をご利用の際は左メニューの最上部にある贈答用箱からそれぞれお選び下さい
商品ごとに配送先を選ぶこともできます

※送料無料は配送先ごとの合計金額が30,000円以上からとなります。
本数または内容によっては複数個口で発送になります。
その場合、送料は、1個はこちらで負担させていただきますが、2個目以上はお客様でご負担になる場合がございます。
※もちろんご負担のないよう、梱包の努力致します。

中戸屋@中村のブログ「でれすけmario」
戻る
お休みの日
11月の営業日
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
12月の営業日
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
水曜定休日です
営業時間9:00-20:00